世界最大級の大カルデラ、くじゅう連山を抱き込むように広がる大草原。その無限に広がるような大自然、阿蘇くじゅう国立公園の中には、魅力がいっぱい。「いつか行ってみたいけど、広いから短期間だとまわりきれないし、かと言って長期の休暇もとりづらい」。そんな悩みを抱えているなら、思い切ってワーケーションをしてみてはいかがでしょうか。キャンピングカーをレンタルしていけば、滞在中のコストもおさえられ、広い園内の数々の絶景スポットも、温泉も、余すことなくめぐることができます。

 

 

火山で遊ぼう!!「阿蘇くじゅう国立公園」

 

都会の喧騒と窮屈なオフィスから脱出して、大自然の中でリモートワーク。それを実現できる場所のひとつが阿蘇くじゅう国立公園です。環境省が快適に仕事×バケーション=ワーケーションを実現できるよう、環境整備に力を入れている公園の一つです。大分と熊本にまたがる、7万ヘクタールにも及ぶ広大な園内のそこここで生きている地球、火山のエネルギー、大地のパワーを感じることができます。火山活動の恩恵とも言える温泉や数えきれないほどの絶景スポット、四季折々の異世界のような美しさを見せてくれる壮観な山々、めずらしい動植物など、阿蘇くじゅう国立公園には貴重な大自然が広がっており、まさに地球を、火山をまるごと遊べる国立公園であり、ユネスコ世界ジオパークにも認定されています。

 

 

ワーケーションの拠点は、公園の敷地内にあるビラ・マイルドキャンプ場やボイボイキャンプ場が便利です。キャンピングカーで滞在すればコストもセーブ&園内の移動がラクラク!

 

 

【INFORMATION】

由布院駅より車で約1時間40分

阿蘇くまもと空港より車で約1時間

環境省公式HP「阿蘇くじゅう国立公園」

ビラ・マイルドキャンプ場公式HP

ボイボイキャンプ場公式HP

 

 

 

森の中で仕事を終えたら「阿蘇ユネスコ世界ジオパーク」の絶景を見に出かけよう!

 

世界最大級の規模を誇る阿蘇カルデラを中心とした活火山をテーマとしているジオパークです。阿蘇火山は、現在も噴煙を上げ続けている活火山で、阿蘇カルデラはおよそ約27万年前から約9万年前までに起こった計4回の爆発的噴火でできたと考えられています。現在も活動する火山であることから、温泉資源も豊富で、絶景スポットも多いので、国内外から多くの観光客が訪れます。カルデラの外輪山に降った雨が山麓で湧水となり、きれいな水源が多いことでも有名です。清らかな水源の絶景や、美しい緑や花々、紅葉などの大自然がいっぱいの絶景ジオパークです。

 

 

 

生きている地球をのぞき込もう!「阿蘇山中岳火口」

 

阿蘇山は、実は阿蘇五岳という5つの山々の総称で、その中で現在も活発な火山活動を見ることができるのが中岳なんです。中岳には、なんと7つもの火口があり、そのうちの第1火口を生で見ることができます。火口付近は火山からのガスが発生しており、その発生具合によって見学が規制されることがありますが、ワ―ケーションで滞在していれば何度でもトライできますね!火口とは、どんな感じなのかと少し怖い気もしますが、火山活動が落ち着いているときはゴツゴツした溶岩流が固まった岩に囲まれたエメラルドグリーンの温泉のような絶景を見ることができます。まさに、生きている地球を体感できる、阿蘇ジオパークならではの必見のスポットです!

 

 

【INFORMATION】

熊本県阿蘇郡阿蘇町黒川

九州道熊本ICよりR57阿蘇登山道路赤水線経由、山上方面へ車で約1時間20分

熊本空港より県道298号経由で車で約1時間

阿蘇ユネスコ世界ジオパーク「中岳ジオサイト」

もっともーーっと!くまもっと。「阿蘇中岳火口」

 

 

 

5万株ものミヤマキリシマが咲き誇る「仙酔峡(せんすいきょう)」

 

仙人さえもその美しさと香りに酔ったというミヤマキリシマが5万株も咲き誇る絶景の峡谷です。仙酔峡の名の由来になったミヤマキリシマは、九州地方の高地に自生するつつじの一種で、5月下旬から6月中旬に咲き、その頃になると仙酔峡が一面あざやかなピンク色に染まります。仙酔峡は阿蘇山の噴火によって流れ出た溶岩流によって複雑な地形になっており、緑豊かな絶景が楽しめます。中岳、高岳遊歩道を通って、中岳火口周辺の険しいゴツゴツした地形を見ながらハイキングすれば、きっと今まで見たことのない感動の風景に出会えます。仙酔峡ジオサイトには仙酔峡温泉があり、眺望がすばらしい温泉として有名です。ジオサイトを巡ったあとにぜひ立ち寄ってみてください。

 

 

【INFORMATION】

熊本県阿蘇市一の宮町 宮地

宮地駅より車で約15分

熊本空港より仙酔峡まで車で約50分

阿蘇ユネスコ世界ジオパーク「仙酔峡ジオサイト」

もっともーーっと!くまもっと。「仙酔峡」

 

 

 

阿蘇温泉郷最大の温泉地「内牧温泉(うちのまきおんせん)」

 

活火山の大きな恩恵のひとつが温泉。阿蘇には阿蘇温泉郷があり、内牧温泉は同温泉郷で最大の規模を誇る名泉です。源泉が豊富で、内牧温泉には80以上もの源泉があります。夏目漱石や与謝野鉄幹、晶子夫妻、種田山頭火など多くの文化人にも愛され、数々の作品が生み出された温泉地としても知られています。阿蘇五岳を一望に眺める田園地帯にたくさんの温泉施設があり、日帰り温泉などもあるので、温泉巡りも楽しい温泉地です。阿蘇外輪山の最高峰である大観峰もすぐ近く!大観峰へ登って阿蘇五岳を一望した後に、登山の疲れを温泉で癒すというコースもおすすめです。

 

 

【INFORMATION】

熊本県阿蘇市内牧

阿蘇駅より車で約15分

阿蘇ユネスコ世界ジオパーク「内牧温泉ジオサイト」

もっともーーっと!くまもっと。「阿蘇・内牧温泉」

 

 

 

水の国とも呼ばれる熊本の宝「南阿蘇湧泉群(みなみあそゆうせんぐん)」

 

南阿蘇は、水源の多い熊本県の中でも多くの水源を有するエリアで、その南阿蘇を代表する水源が白川水源です。水の神様を祀っている白川吉見神社の境内にあり、毎分60トンものきれいな水が湧き出しています。藩政の頃より肥後名勝として知られ、現在は環境省の名水百選にも選ばれています。白川水源では空のペットボトルが売っており、湧水を汲んで飲むこともできますよ!白川水源の周辺にも、竹崎水源や寺坂水源、塩井社水源、明神池など、たくさんの豊かな水源があり、まさに水の国と呼ばれる所以です。これらの湧水は、中央火口丘から流れてくる伏流水であると考えられています。新緑の季節や紅葉の季節などには、周囲の自然風景と相まって、清らかな水とともに美しい癒しの絶景に出会えます。

 

 

【INFORMATION】

熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川2052

熊本空港から白川水源まで車で約40分

阿蘇ユネスコ世界ジオパーク「白川水源ジオサイト」

もっともーーっと!くまもっと。「白川水源」

 

 

 

柱状節理を流れる清らかな滝「白糸の滝」

 

数十万年前の火山から流れ出た溶岩が固まってできた柱状節理に流れる清らかな滝です。この柱状節理は、まるで自然の彫刻のように美しく、20メートルの落差から流れ出る滝が周囲の自然とともに映えます。夏には新緑とともに涼し気な雰囲気で、避暑に訪れる人も多い名瀑です。秋には紅葉が美しく、まるで絵画のような風景を見ることができます。寄姫の滝とも呼ばれ、悲恋を伝える伝説があります。年間を通して水量も豊富で、熊本県平成の名水百選にも選定されています。近年では、絶景だけでなく、パワースポットとしても注目されているジオサイトです。近くには俵山もあり、登山やパラグライダーを楽しめます。熊本市内などを一望できるパノラマビューも必見です。

 

 

【INFORMATION】

熊本県阿蘇郡西原村大字河原字滝

熊本空港より車で約20分

阿蘇ユネスコ世界ジオパーク「白糸の滝ジオサイト」

もっともーーっと!くまもっと。「白糸の滝」

 

 

火山とともに生きることを学べる阿蘇くじゅう国立公園・阿蘇ユネスコ世界ジオパーク。生きている地球を感じに、ワ―ケーションの候補地として選んでみてはいかがでしょうか。