「残業続き」、「休日出勤もあたりまえ」、「まとまった休みが取れない」などなど、現代日本で働く人々はこんな悩みを抱えながら、ストレスフルで多忙な毎日を過ごしています。さらに、コロナ禍で出かけることもままならない状態ですが、「仕事×遊び」が一度に叶う、ワーケーションなら様々なストレスが一気に解消できるかもしれません。環境省、国土交通省、観光庁などを中心に政府普及に向けて動き出しています。政府は、各地方自治体と協力し、急ピッチで環境整備進めている、今最もホットなライフスタイルの提案なのです。

 

 

 

「ワーケーション」ってなに?

 

「Work(仕事)」と「Vacation(休暇)」を組み合わせた、これからの時代に活用していきたい働き方の一つです。Withコロナ時代だからこそ、柔軟にバケーションと仕事を安全に両立していけるライフスタイルの提案と言えます。すでに環境庁など、国によっても推進されているもので、今日本の社会の在り方が大きく変わろうとしていると言えるでしょう。

 

ワーケーションのメリット・デメリット

 

一番のメリットは、なんと言っても働く場所と時間を選ばないということ。コロナ禍でリモートワーク環境整備が急がれている今だからこそ、ワーケーションの実現も夢ではなく、現実となりつつあります。「家族旅行の予定だったのに、急な休日出勤が入ってしまってキャンセルに…。」なんていう過去の苦い経験も、近い未来には無縁の状況になるかもしれません。オフィスへの通勤に縛られなくなることで、家族との時間も増え、ストレスフリーに近い環境で仕事とバケーションを両立できることが大きなメリットです。

 

一方で、今後解決していくべき課題として、現段階ではデメリットも。まずは企業と従業員それぞれのワーケーション実現のための環境整備が一番最初の壁と言えます。セキュリティ管理や労働時間の管理も難しい課題。各企業ごとに検討が必要になりますね。また、従業員側でも、慣れないうちはオンとオフの切り替えの難しさや、オフにするタイミング、つまり仕事を終わりにするタイミングを見計らうことに戸惑ったりするかもしれません。遠隔での従業員同士や取引先とのコミュニケーションについても、最初は悩ましいところがありそうです。

 

 

 

プチ田舎暮らし体験もできるかも!

 

「静かな田舎暮らしをしたい」そんな願望を持ちつつも、現実的には難しいと考えている人にこそ、プチ田舎暮らしを体験できるのがワーケーション。地方への移住を考えている人にも、トライアルとして経験してみることができます。実際現地に行ってみないとわからないことや、見えないことも、出かけてみれば夢の実現に一歩近づくはず!

 

 

 

キャンピングカーを使ったワーケーションなら密にならない!

 

「オフィスじゃないと集中して仕事ができない」そんな風に考えるかもしれません。しかし、それは今まで「常識」だと思っていただけのこと。キャンピングカーをレンタルしてみてはいかがでしょう?キャンピングカーを移動できるオフィスととらえれば、Withコロナ時代にも負けない、密のない、安全な仕事場と考えることができます。さらに、ホテルや旅館などに比べてコストを抑えられるのも魅力。

 

しかも、キャンピングカーであれば、どこにでも行くことができるのも大きな魅力。絶景の広がる海のそばだって、空気のきれいな森にだって行けちゃいます。キャンピングカーには、電源や水、寝るスペースなど、生活に必要な設備がそろっています。「キッチンもシャワーもほしい!」なんていうワガママも、レンタルなら手軽にかなえられるのもうれしいところ。あとはWi-Fi環境を整えれば仕事にも支障はありません!

 

 

 

ワ―ケーションするなら国立公園がおすすめ!

知床五湖

手っ取り早くワーケーションにトライしてみるなら、国立公園がおすすめ!その理由は、政府が大きく推奨してるから!令和2年度の補正予算を財源とする国立・国定公園への誘客の推進事業費、国立・国定公園、温泉地でのワーケーションの推進事業費に係る事業を実施することを環境庁で予定していると発表されています!キャンピングカーで泊まれる施設もあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

キャンピングカーだからこそできるワーケーションのカタチ

<どこにでも観光に行くことができる>

 

移動手段として、生活空間として、時間さえあればどこにでも行くことができます。国内の絶景スポットを巡るも良し、名湯を制覇するも良し、世界遺産を網羅するのも夢じゃありません。一度は訪れてみるべき絶景の国立公園でワーケーションできれば、観光に最適!密にならずにどこででもオフィスとして活用できるのも、ストレスフリーなライフスタイルです。

 

 

 

<ペットと一緒に旅ができる>

 

ホテルや旅館には連れていけないけれど、キャンピングカーならペットと一緒に旅ができます。

 

 

 

<疲れたら休んだり、予定を柔軟に変更できる>

 

憧れの目的地に行く途中、もっと気になる場所を見つけてしまったり、疲れたから今日はこの辺で休もうという時に近くで泊まれる場所を探したり、急なオンライン会議が入ってしまった時など、旅のプランを柔軟に変えられるのもキャンピングカーの旅ならでは。気の向くままに、心に正直な旅を実現できます。

 

 

いかがでしたか?一度はキャンピングカーで出かけてみたいと考えていたら、休暇を取れるタイミングを待たず、思い切って仕事ごと出かけてみるのも楽しいかもしれません!