首都圏にありながら、自然豊かな千葉県の魅力をたっぷり表現。千葉県各地で撮影された春の桜、夏の花火大会、秋祭りなど、四季折々の様子を世界にアピールしています。

 

 

 

 

四季を通じて観光を楽しめる千葉県とはどんなところなのでしょう。初めて訪れる人はもちろん、何度も訪れている人にもわかりやすく千葉の魅力をたっぷり紹介していきましょう!

 

 

 

千葉県ってどんな町?

千葉県は、東京のすぐ隣に位置しながら、年間を通して豊かな自然を満喫できます。太平洋に面しているので、夏には海水浴やダイビングを楽しむ人が多く、外房の良い波を求めて一年中サーファーが訪れます。公園に広がるお花畑、個性豊かなテーマパークがたくさんあったり、いちご狩りやハイキングなどができる場所も多数点在しているので、一人はもちろん、友人・恋人同士、家族で訪れても楽しめるアクティビティが満載です。海と豊かな土地に恵まれた千葉県は、おいしい食材の宝庫。意外に知られていないのが、千葉県の温泉。都心からも近く、おいしい食べ物と温泉と遊びがぎっしり。東京からなら日帰り旅行も可能です。

 

 

 

千葉県までのアクセス

鉄道の場合/東京駅からJR総武本線特急しおさいで約30分

バスの場合/東京駅から約2時間。羽田空港からリムジンバスで約1時間15分

車の場合/東京駅から京葉道路を使って約1時間

 

 

 

千葉県に来たら!絶対に食べるべき3選

なめろう

新鮮な魚介類が豊富に獲れる千葉県では、寿司や刺身はもちろん、浜焼きなども楽しむことができます。中でも、千葉県発祥のなめろうは、絶対に外せない逸品。今では日本全国に広がっていますが、元々は漁師が獲れたての鮮魚を不安定な船の上で調理するために考えられたメニューだそう。レシピはシンプルで、アジやイワシなど、その日に獲れた魚と味噌をネギなどの薬味と一緒にたたくだけ。皿をなめるほどおいしかったことからなめろうと呼ばれるようになったと言われています。なめろうを焼き上げたさんが焼きも人気。

 

うなぎ

千葉県は海に面しており、伊勢エビや金目鯛、あわびなどの高級な魚介が豊富に獲れますが、川魚もはずせません。成田山は、かつて印旛沼でうなぎが多く獲れたことから、うなぎ屋が立ち並ぶうなぎ激戦区。全国的に食べることが難しくなっている天然うなぎを食べられます。

 

 

くじら料理

古くから日本に根付いている食文化のひとつです。近年では、くじらが激減してしまっているため、くじら漁をする場所も限られています。千葉県南房総市は、関東で唯一くじら漁が許可されている場所で、今では希少になってしまったくじら料理を味わえます。刺身や竜田揚げ、ベーコンなどの定番くじら料理から、くじらカツバーガー、コロッケやカレー、香草焼きなどのアイデア料理も人気。クセもなく、低カロリー・高タンパク、疲労回復にも効果的なことから女性にも好まれています。

 

 

 

千葉県に来たら!絶対に買うべきお土産3選

ピーナッツ

落花生は千葉県の名産のひとつで、全国1位の生産量を誇り、おやつにおつまみにと幅広い年齢層に親しまれています。炒ってあるものはもちろん、生でも購入することも可能。アイスクリームやピーナッツバターなど、落花生を使ったさまざまなお菓子も見逃せません。

 

 

乳製品

意外と知られていないのが、千葉県南房総市にある「酪農の里」が日本酪農発祥の地であること。8代将軍徳川吉宗がインドから乳牛を輸入し、乳製品を作ったことが日本の酪農の始まりだと言われており、千葉県史跡に認定されています。受賞歴のあるチーズやバター、ヨーグルトなどを始め、牧場で作られているスイーツなども近年人気のあるお土産です。

 

 

醤油

日本人の食卓にかかせないのが醤油。千葉県野田市と銚子市は醤油の名産地であり、生産量も日本一です。その歴史は古く、江戸時代から始まったと言われています。日本の伝統をお土産にしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

千葉県の方言

千葉の方言のことを「千葉弁」、または「房総弁」といいますが、大きく3つに分けられます。ひとつは「野田弁」で野田市内でおもに話されており、埼玉弁や茨城弁と似ています。二つ目は「東総弁」で房州弁と茨城県弁の間のような方言で、北東部を中心に話されていて、東北弁に類似する部分も。三つ目は「房州弁」でおもに房総半島南部で話されています。語尾には、「ぺ」や「だっぺ」のほかに、「せえ」や「しぇえ」がつきます。とはいえ、3つの方言に共通している言葉もいくつかあり、それほど大きな違いはないとか。また、千葉県北西部は東京の通勤圏内であることから標準語で話す人が多いそうです。

 

したっけ … そしたら

うっちゃる … 捨てる

けぇ … 食べなさい

行くっぺ … 行くだろ?

おかしー … 恥ずかしい

 

 

自然に恵まれた食と遊びの宝庫、千葉県を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

 

千葉県観光情報サイト「まるごと eちば」

http://maruchiba.jp/