1996年に当時の環境庁(現・環境省)が「全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残していきたいと願っている音の聞こえる環境(音風景)」を広く公募。日本の音風景検討会の選定審査の結果に基づき、音環境を保全する上で意義があると認められた“日本の音風景100選”を紹介します。

 

 

癒しポイント

・かつてアイヌの人々が「カムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)」と呼んだ大雪山は、広大な自然公園です。野鳥をはじめ多様な動物たちが生息し、夏になると山頂付近には珍しい高山植物が花咲きます。

・北部には旭岳ロープウェイがあり、空中から雄大な自然を眺めることができます。

・大雪山の主峰旭岳の山麗にある自然探勝路を散策すると、氷河期から生息しているナキウサギの声やコマミドリ、ミソサザイ、ルリビタキなど多くの野鳥の声を楽しむことができます。

 

 

●所在地/北海道上川郡東川町

●アクセス/JR旭川駅よりバス・いで湯号にて旭岳(ロープウェイ山麗駅前)下車(JR旭川駅より約1時間30分)

●音風景の種類/生き物複合

●よく聞ける時期/4月〜6月の早朝

●よく聞けるところ/旭岳温泉街にある自然探勝路

 

 

 

音の出典元:環境省 水・大気環境局大気生活環境室