日本で最も早く梅雨が訪れる九州・沖縄地方。ジメジメして過ごしにくい時期ですが、いやな気分を和ませるあじさいが咲き誇ります。海あり、山ありの美しい自然が広がり、年間を通して人気の観光エリアが盛りだくさんの九州・沖縄地方で、梅雨時期にしか見られないアジサイの名所を紹介します。

 

 

 

おばあが30年以上大切に育てた「よへなあじさい園」(沖縄県本部町)

 

元々はミカン畑やうっちん畑だったところに、オーナーの饒平名(よへな)ウトさんがあじさいを植え始め、30年以上に渡って大切に育ててきました。ウトさんは2018年、100歳で他界されてしまいましたが、40種、30万輪のあじさいが咲くあじさい園は、地元の人々と観光客の目を楽しませています。本土では見られない100種以上の草花とともにここでしか見られないあじさいの風景が楽しめます。

 

 

【INFORMATION】

沖縄県国頭郡本部町字伊豆味1312

那覇空港より車で約1時間30分

おきなわ物語「よへなあじさい園」

 

 

 

7000株のあじさいが境内を埋め尽くす「千光寺(せんこうじ)」(福岡県久留米市)

 

久留米市であじさい寺と言ったら千光寺。7000株のあじさいが境内を彩ります。40~50種のあじさいが咲き、めずらしいものもたくさん!福岡市街地からも車で1時間弱で行けるアクセスの良さもあり、多くの人が訪れるあじさいスポットです。

 

 

【INFORMATION】

福岡県久留米市山本町豊田2287

久留米駅よりバスで約30分

クロスロードふくおか「千光寺」

 

 

 

参道がカラフルに染まる「筥崎宮(はこざきぐう)」(福岡県福岡市)

 

日本三大八幡 筥崎宮では、1600坪の広大な敷地内におよそ100種、3500株ものあじさいが咲き誇ります。参道もカラフルに彩られ、厳かな雰囲気の神社を明るくフォトジェニックに見せてくれます。

 

 

【INFORMATION】

福岡県福岡市東区箱崎1-22-1

箱崎宮前駅より徒歩約1分

クロスロードふくおか「筥崎宮あじさい苑」

 

 

 

パノラマビューを楽しめる絶景スポット「高塔山公園(たかとうやまこうえん)」(福岡県北九州市)

 

標高124メートルの高塔山は、市のシンボルとも言える若戸大橋を始め、北九州市を一望できるパノラマビューが人気の絶景スポット。特に夜景がすばらしく、「河童の隠した宝石箱」と呼ばれ、日本夜景遺産にも登録されています。初夏になると、山頂はもちろん、山頂に向かう道中にあじさいが咲き誇り、その数なんと7万株。風景を一層美しくします。

 

 

【INFORMATION】

福岡県北九州市若松区大字修多羅

若松駅より登山口まで徒歩約10分

クロスロードふくおか「若戸大橋を望むあじさい」

 

 

 

日本最大級の磨崖仏(まがいぶつ)を囲むあじさいが名物「普光寺(ふこうじ)」(大分県豊後大野市)

 

大分県を代表するあじさい寺で、境内には3000株ものあじさいが植えられており、梅雨時になると一斉に色とりどりの花を咲かせます。日本最大級の磨崖仏を囲むようにあじさいが咲き、訪れる人々の目を楽しませます。

 

 

【INFORMATION】

大分県豊後大野市朝地町上尾塚

朝地駅より車で約15分

日本一のおんせん県おおいた「普光寺」

 

 

 

花とアートの岬に咲き誇るあじさい「長崎鼻」(大分県豊後高田市)

 

花とアートの岬と呼ばれ、キャンプ場なども近いことから大人気のレジャースポット。ここでは、2300株もの色とりどりのあじさいはもちろん、岬から風景を楽しむことができます。海とあじさいの景色に癒され、リゾート気分を満喫できるあじさいスポットです。

 

 

【INFORMATION】

大分県豊後高田市見目4060

宇佐駅よりバスで約40分

花とアートの岬長崎鼻公式ウェブサイト

 

 

 

あじさいで宝石箱のように彩られる「宝八幡宮」(大分県九重町)

 

標高816メートルの宝山の中腹にある宝八幡宮では、およそ8000株もの色とりどりのあじさいを楽しめます。山の上にあるため、他の場所よりやや遅めに見頃を迎える宝八幡宮。6月中旬から7月下旬にかけて、宝山が宝石箱のように彩られます。

 

 

【INFORMATION】

大分県玖珠郡九重町大字松木1371

九重ICより車で約10分

九観どっとねっと「宝八幡宮」

 

 

 

爽快な気分にさせてくれる「住吉自然公園」(熊本県宇土市)

 

自然豊かな住吉自然公園は、眼下に有明海を望む美しい景観を楽しめるビュースポット。市の花であるあじさい2000株が公園を囲むように植えられており、県内有数の名所です。青い海と爽快な気分にさせてくれる潮風を感じながらあじさいを楽しめます。

 

 

【INFORMATION】

熊本県宇土市住吉町

住吉駅より車で約5分

もっと、もーっと!くまもっと。「住吉自然公園」

 

 

 

大海原とカラフルなあじさいがコラボ「桃源郷岬(とうげんきょうみさき)」(宮崎県門川町)

 

遠見半島東端に位置し私設庭園の桃源郷岬は、太平洋を望む絶景スポットとして人気があります。20万平方メートルの広大な敷地内には、80種200万本のあじさいが咲き、毎年たくさんの人が訪れます。太平洋側の展望デッキ周辺が特に絶景で、青い海と色とりどりの花々のコントラストが最高です。

 

 

【INFORMATION】

宮崎県東臼杵郡門川町大字庵川

門川駅より車で約15分

みやざき観光情報旬ナビ「遠見山展望台」

 

 

 

棚田に彩りを添えるあじさいに心がなごむ「鬼木(おにぎ)の棚田とあじさい」(長崎県波佐見町)

 

長崎県には6つある、日本の棚田百選に選ばれている棚田の一つである鬼木の棚田。あじさいの名所として名高い場所ではありませんが、広がる緑に添えられるあじさいの彩りが美しい風景を見せてくれます。

 

 

【INFORMATION】

長崎県東彼杵郡波佐見町鬼木郷

有田駅より車で約20分

ながさき旅ネット「鬼木棚田」

 

 

 

日本最多の種類を誇る「ハウステンボス」(長崎県佐世保市)

 

異国情緒あふれる日本一広いテーマパークであるハウステンボスでは、さまざまな花々を欧州の街並みとともに楽しめます。5月末頃から6月中旬にかけて毎年開催されるあじさい祭りはダイナミックで、日本最多の1250品種の色とりどりのあじさいの絶景が広がります。オランダのアムステルダムを再現する運河沿いに咲くビビッドなあじさいや、パステルカラーが800メートル続くあじさいロードなど、まるで海外旅行をしているような気分になります。

 

 

【INFORMATION】

長崎県佐世保市ハウステンボス町

長崎駅よりハウステンボスまで電車で約1時間30分

ハウステンボス公式HP

 

 

 

日本のあじさいが世界へ旅立った場所「出島」(長崎県長崎市)

 

江戸時代に、日本と西洋との唯一の架け橋となった出島。シーボルトによって、日本の民俗、自然がヨーロッパに紹介されました。彼が刊行した日本植物誌にあじさいも登場。今でも、毎年多くのあじさいが咲き誇り、当時の面影を残す街に彩りを添えます。

 

 

【INFORMATION】

長崎県長崎市出島町6-1

長崎駅より路面電車で約10分

ながさき旅ネット「出島」

 

 

 

マイナスイオンたっぷりのあじさい渓谷「見帰りの滝」(佐賀県唐津市)

 

長い坂道を登って滝を見に訪れた人が、また同じ坂道を登ってでももう一度見たいと何度も振り返ることから見帰りの滝と呼ばれるようになった美しい滝で、日本の滝100選にも選ばれています。その滝の周辺には、およそ50種、4万株のあじさいが咲き誇り、滝とコラボレーションすることでさらにすばらしい景観を作り上げます。

 

 

【INFORMATION】

佐賀県唐津市相知町伊岐佐上中

相知駅より車で約10分

あそぼーさが「見帰りの滝」

 

 

梅雨時こそ見ることができる美しいあじさいの風景に出会ってみませんか。