1996年に当時の環境庁(現・環境省)が「全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残していきたいと願っている音の聞こえる環境(音風景)」を広く公募。日本の音風景検討会の選定審査の結果に基づき、音環境を保全する上で意義があると認められた“日本の音風景100選”を紹介します。

 

 

 

青森県・ねぶた祭

・みちのくを代表する熱きお祭。毎年300万人を超える観光客で賑わいます。

・地域の訛り方によって呼び名が違うと言われており、青森が『ねぶた』弘前が『ねぷた』と呼ばれています。青森ねぶたではハネト(踊り子)が「ラッセラー・ラッセラー・ラッセ・ラッセラー」、弘前ねぷたでは掛け声頭・引き綱衆が「ヤー・ヤドー」と掛け声に違いがあります。

・勇壮な掛け声に、鉦(かね)の音、太鼓の響き、笛や鈴の音色などが重なり、東北の魂を燃やし尽くすような情熱を感じます。

 

 

●所在地/青森県青森市・弘前市

●アクセス/青森ねぶた祭:JR青森駅から徒歩10分、弘前ねぷたまつり:JR弘前駅から徒歩15分(土手町まで)

●音風景の種類/祭りなど

●よく聞ける時期/青森ねぶた祭:8月2日〜6日、弘前ねぷたまつり:8月1日〜7日

●よく聞けるところ/青森ねぶた祭:運行コースと観光物産館「アスパム」周辺、弘前ねぷたまつり:1~4日と7日は土手町、5,6日は弘前駅前

 

 

音の出典元:環境省 水・大気環境局大気生活環境室