1996年に当時の環境庁(現・環境省)が「全国各地で人々が地域のシンボルとして大切にし、将来に残していきたいと願っている音の聞こえる環境(音風景)」を広く公募。日本の音風景検討会の選定審査の結果に基づき、音環境を保全する上で意義があると認められた“日本の音風景100選”を紹介します。

 

 

 

 

富山県・称名滝

 

霊峰立山連峰の清流が、落差350mを一気に流れ落ちる。周りは高さ500mの断崖絶壁「悪城の壁」で囲まれ、「称名滝」の爆音が訪れる者の感動を呼んでいる。

 

 

●所在地/富山県中新川郡立山町芦峅寺

●アクセス/富山地方鉄道「立山駅」からバスに約20分乗車し「称名滝」で下車

●音風景の種類/陸水

●よく聞ける時期/4月下旬から11月末日

●よく聞けるところ/滝見台園地

 

 

音の出典元:環境省 水・大気環境局大気生活環境室