[:en]In 2015, “Meiji Japan’s industrial revolution heritage Kyushu, Yamaguchi and related areas” were nominated to be listed as the world heritage of UNESCO by Japanese government. This promotional movie introduces Miike Coal Mine and its related facilities in Omuta City which is included the industrial revolution heritage

 

Miike Coal Mine and its related facilities are one of the facilities which led the modernization of Japan in the Meiji Period. There still remains the 100 year-old buildings as they are. The scenery with Miike Port, an iron bridge makes us easily imagine how the place looked like at that time.

 

Interior of Old Mitsui Port Club where used be a place to entertain guests from both overseas and domestic was modern and gorgeous design that makes us feel the history and atmosphere of the Meiji Period. The place is the same as it used be and is currently used for wedding and more.

 

Access to Omuta City

Arriving by airplane:
Approximately 2hrs from Haneda Airport to Fukuoka Airport. About 6 mins from the airport to Hakata Station by Fukuoka City Subway. Another 35 mins from Hakata Station to Kurume Station and 30 mins from Kurume Station to Omuta Station by JR Kagoshima Main Line.

Arriving by train:
Approximately 5 hrs from Tokyo station to Hakata station by bullet train. About 1hr 10mins from Hakata Station to Omuta Station by JR Kagoshima Main Line.

 

Visiting historical places of many different eras

There remains many historical places of different eras like Miike Coal Mine and its facilities mentioned earlier in Omuta City. The oldest ones are national historical site Kugurizuka Mound, Haginoo Mound and Kurosaki Kanzeonzuka Mound. If you like visiting shrines, you should visit Kumano Shrine, Omuta Shrine and Hayametenmangu Shrine.Senjyu Kannon Bosatsu at Zenkoji Temple which was built in A.D.

 

Omuta Daijayama Festival

823 has been loved as Miike Kannon by local people for a long time. The biggest event of Omuta City is Omuta Daijayama Festival which is held every July. People play the drums and ring bells on the huge float called Daijayama which is 10 meters long, 5 meters high and 3 tons weight, and move around the city.

Local taste which is loved by locals

Omuta City has various of local food which is loved by locals. Every dish is simple but delicious. The best one is called Kosen Dago which is huge Okonomi-yaki. About in 1965, someone made cheap but pleasing food for students at Ariake Technical College.
Ika Taru Bento Box is another popular local food. It’s the most popular menu at a bento shop and it is deepfried squid legs with tartar sauce on top. Western Style Katsu Don can’t be missed neither which has been a soulfood of Omuta. It was served at Matsuya Department store which was closed in 2004 but it came back in 2014 by locals. It’s a Katsu Don with thick sauce and can be eaten by fork.

 

Why don’t you experience the tour of historical places and local tastes?

 

Fukuoka prefecture Sightseeing information
「CROSSROAD FUKUOKA」
https://www.crossroadfukuoka.jp/en/

 [:ja]平成27年の世界遺産登録を目指す「明治日本の産業革命遺産九州・山口と関連地域」が、世界遺産候補として政府からユネスコに推薦されました。その産業革命遺産に含まれる、三池炭鉱(みいけたんこう)とその関連施設を中心に、大牟田市(おおむたし)を紹介しています。

 

 

明治時代、日本の近代化を牽引した施設の一つとして知られる三池炭鉱とその関連施設。100年前の建物や施設の内部が当時のままの状態で残されています。石炭の積み出し専用に作られた三池港や鉄橋など、当時の様子をうかがえるような風景です。

 

三池炭鉱宮原坑跡

国内外の要人をもてなすために使われていた、旧三井港倶楽部の内部は、明治時代ならではのモダンでゴージャスな作りになっており、歴史を感じさせる内装になっています。今では、当時の建物を残しつつ、結婚式などに使われる場所となっています。
今では、当時の建物を残しつつ、結婚式などに使われる場所となっています。

 

大牟田市までのアクセス

飛行機の場合

羽田空港から福岡空港まで約2時間。福岡市営地下鉄で福岡空港から博多駅まで6分。JR鹿児島本線で博多駅から久留米駅まで約35分。JR鹿児島本線で久留米駅から大牟田駅まで約30分。

鉄道の場合

新幹線で東京駅から博多駅まで約5時間。JR鹿児島本線で博多駅から大牟田駅まで約1時間10分。

 

さまざまな時代の史跡を巡る

三池炭鉱とその関連施設をはじめ、大牟田市にはさまざまな時代の史跡が残されています。古くは、国指定史跡でもある潜塚古墳(くぐりづかこふん)や、萩ノ尾古墳(はぎのおこふん)、黒崎観世音塚古墳(くろさきかんぜおんづかこふん)などがあります。熊野神社(くまのじんじゃ)や、大牟田神社、駛馬天満宮(はやめてんまんぐう)など、多くの神社があり、神社巡りの好きな人にはおすすめの場所です。

 

大牟田大蛇山祭り

823年に建立されたとされる、とても古いお寺である善光寺もあります。善光寺の本尊である千手観音菩薩(せんじゅかんのんぼさつ)は、地元では古くから三池観音として親しまれています。大牟田市では、毎年7月に市を代表するイベントである大牟田大蛇山祭り(おおむただいじゃやままつり)が開催されます。長さ約10m、高さ5m、重さ最大3トンにもなる大蛇山と呼ばれる山車に人が乗り、太鼓や鐘を打ち鳴らしながら、町中を練り歩きます。

大牟田市民が愛するご当地グルメ

大牟田市には、市民が愛する素朴なローカルグルメがたくさんあります。イチオシは「高専ダゴ」。名前からは想像もつきませんが、とにかく巨大なお好み焼きです。昭和40年代に、有明高等専門学校の学生のために安くおなかいっぱいになるよう作られたのが始まりだそうです。他にも「いかタル弁当」もおすすめで、とあるお弁当屋さんの人気メニューで、いかゲソのから揚げにたっぷりのタルタルソースがかかったボリューム満点のお弁当です。
大牟田のソウルフードとも言われる「洋風かつ丼」もハズせません。平成16年に閉店してした松屋デパートの食堂で市民に親しまれてきた味を市民が10年後に復活させました。カツにとろみのあるソースがかかった洋風のかつ丼で、フォークで食べるのが基本です。

 

大牟田市で、史跡巡りとローカルグルメを堪能してみてはいかがでしょう?

 

福岡県観光情報公式サイト「クロスロードふくおか」
https://www.crossroadfukuoka.jp/

 [:]