[:en]Katsuo appears on the markets early Spring~Autumn as “Hatsu  gatsuo” (first bonito in Spring) and “Modori gatsuo” (return bonito end of Autumn).

Now you can have Tataki (almost raw style but grilled surface the skin part) and law but long time ago people had it in a different way.

People who lived in Edo loved ” something FIRST” so competed to get Hatsugatsuo. The price is about 250,000 yen so people waited to the day when it got cheaper.

ダウンロード
It’s easy to get rotten so people have it with mustard which has bacteria-killing action.

In Kochi, people have Katsuo with onions,garlics,gingers and vinegar other than soy sauce and green onions.

 

 

Have a try!

 

Temae Itamae
http://temaeitamae.jp/top/t5/aa/seabass.handled.0098.html[:ja]初鰹の時期となってきましたね。
この時期の戻り鰹は、北に向かい南に戻る時にたっぷり餌を食べる事が出来るらしく、しっかり脂がのってモチっとした食感が楽しめる一品。
昨今は、「たたき」以外にも「生」でも頂けるようになりましたが、江戸っ子はちょっと違っていたようです。

ダウンロード

江戸っ子は初物好きで、競って食べていた初鰹。
初物は現在の価格で一本が25万円。そこで日が経って安くなった初鰹を狙ったそうな。
最も、鰹は足が早く傷みやすく時期は暑い盛り。
そこで、傷みやすい鰹には殺菌作用のある辛子をつれて食していたそうです。

 

また本場の高知では、醤油・ねぎの他にたまねぎ・にんにく・しょうがそして、お酢を加えるんだそうです。

 

 

ぜひ試してみてくださいな。

 

手前板前
http://temaeitamae.jp/top/t5/aa/seabass.handled.0098.html[:]