[:en]On a global basis, it is said to be hard to copy Japanese paper currency. One of the reasons is its sophisticated design.

The original point is that copperplate engraving artist Edoardo Chiossone.

After restoration of Imperial power in 1868, Japanese paper currency was made by Italian printing company.

In order to be not copied, the excellent copperplate engraving artist Edoardo was invited to Japan.

 

He has kept engraving delicate design for Japanese currency in order to produce in Japan.

Domestic produced Japanese currency is designed with European style. This is how he produced most of the Japanese paper currency and bank notes by himself around in 1870.

shiheiHe says “The best art prevents being copied”.

 

He also painted portraits of Emperor Meiji and Takamori Saigo so left his mark on Japanese modern art histor. The last stage of life he stayed in Japan and collected many objects of art.

They are in storage in Chiossone easter art museum in Genova.

He lies at rest in the cemetery of Aoyama is called “Father of Japanese paper currency”.

 

Edoardo Chiossone
http://www.photo-make.jp/hm_2/ma_21.html[:ja]世界的にも偽造が困難と言われる日本の紙幣
その理由の一つは精緻に描かれた芸術的な図柄にあります。
その原点はイタリア生まれの銅版画家エドアルド・キヨッソーネ。
明治維新直後の日本の紙幣は、なんとヨーロッパの印刷会社が製造していたのです。
偽造されない紙幣を国内生産するために、優れた銅版画家だったエドアルド・キヨッソーネが招かれたのです。
shihei彼は大蔵省紙幣寮で緻密な紙幣原版を彫り続けました。
こうしてできた国産第一号の紙幣は、主模様+地紋というヨーロッパ式のデザインでした。
そして明治前半期の政府紙幣や銀行券をほとんど一人で彫刻したのです。
エドアルド・キヨッソーネは言います、「最高の芸術こそが偽造を防ぐ」。

 

また彼は、明治天皇の御真影や西郷隆盛の肖像画を手掛け、日本の近代美術史にも大きな足跡を残しました。

 

晩年も単身で日本に残り、生涯を終えるまで多くの芸術品を収集。現在はジェノヴァ市立のキオッソーネ東洋美術館に収蔵されているそうです。

 

今も青山墓地に眠るエドアルド・キヨッソーネは「日本紙幣の父」と呼ばれています。
日本に骨を埋めたお雇い外国人 エドアルド・キヨッソーネ
http://www.photo-make.jp/hm_2/ma_21.html[:]