[:ja]東京生まれの東京育ち、日本の紙幣にも登場する文豪である夏目漱石。souseki
数々の名作は、「吾輩は猫である」、「坊ちゃん」、「こころ」、「三四郎」、「それから」、「道草」等々。
台東区の上野公園内にある精養軒の歴史は古く、明治5年(1872年)日本におけるフランス料理店の草分けとして誕生しました。

SEIYOKEN
明治の時代、精養軒で食事をするということは若者にとってのステータスだったようです。
そんな訳なのか「三四郎」の中では、やたらめったら精養軒が出てきます。
———-
「たぶん上野の精養軒になるだろう」
「ぼくはあんな所へ、はいったことがない。高い会費を取るんだろう」 (三四郎より抜粋)
———-
当時としては最先端の社交場だったようですね。

 

DSC_1190

そして骨付き肉や野菜を九日間じっくりと煮る特製デミグラスソースは当時のまま。
味わうならばハンバーグステーキでどうぞ。
ちなみに当時は「牛すまし汁」と言っていたそうです。

 

 

 

文豪の愛したメニューを味わってみてはいかがでしょうか。

company_img
上野公園内 精養軒
http://www.seiyoken.co.jp/[:en]The face of 1000 yen old bill, a writer Soseki Natsume was Born and raised in Tokyo.
souseki

His works are ”I Am  a Cat””Botchan” “Kokoro” “Sanshiro” “And Then” “Grass on the Wayside” and so on…..
The restaurant Seiyouken where is inside of Ueno park has started in 1872 as a pioneer French restaurant. At that time it was kind of status that going to Seiyouken for young people so it appeared very often on a book Sanshiro.

SEIYOKEN

 

 

 

———-from Sanshiro
It will be in Seiyouken.  I’ve never been there. They’ll probably charge membership fee.
———-

It was the cutting edge place for social interaction .

 

DSC_1190

 

 

The taste of the demiglace sauce which is stewed for 9 days with bony chops is still the same. If you want to try you should have a humburg stake.  At that time it was called beef sumashi soup.

company_img
Seiyouken at Ueno park
http://www.seiyoken.co.jp/[:]