[:ja]souseki東京生まれの東京育ち、日本の紙幣にも登場する文豪である夏目漱石。
数々の名作は、「吾輩は猫である」、「坊ちゃん」、「こころ」、「三四郎」、「それから」、「道草」等々あります。

 

夏目漱石のイメージと言えば、厳格とかお堅い文豪や聖人君子などのキーワードが出てきます。
でも本当は、どちらかと言えば江戸っ子気質の庶民的な方だったようです。

 

ところで出身校の東大には漱石のある部分が残っているそうです。
さて何が残っているでしょうか?

 

閑話休題
荒川区東日暮里にある江戸時代から続く老舗「羽二重団子」は漱石のお気に入りだったようです。DANGO
羽二重の名前の通りきめ細やかな舌触りは、まさに絶品です。

 

元々は大学時代からの親友「正岡子規」が好んで食べていた羽二重団子。

いつからか漱石にとっても無くてはならない味の一つとなったようです。
デビュー作「吾輩は猫である」は子規の没後の作ですがここに羽二重団子が登場します。漱石は子規を思い出しながら執筆したのでしょうか・・・。
———-
行きませう。上野にしますか。芋坂へ行って團子を食いましょうか。先生あすこの團子を食ったことがありますか。奥さん一辺行って食って御覧。柔らかくて安いです。(吾輩は猫であるより抜粋)
———-

MISE文豪の愛したメニューを味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

続きますね。

 

羽二重団子
http://www.habutae.jp/[:en]The face of 1000 yen old bill, a writer Soseki Natsume was Born and raised in Tokyo.His works are ”I Am  a Cat””Botchan” “Kokoro” “Sanshiro” “And Then” “Grass on the Wayside” and so on…..
The images of Soseki Natsume are rugged, sobber sides and saint. However he was actually full of local color because of his birth place.
His old school Tokyo university has something that he left.
What is it?

The old shop of “Habutaedango” has been in Higashi nippori, Arakawa-ku was Soseki’s favorite. The
DANGOAs the name, feeling on the tongue is very smooth. It’s perfect.
Primarily his best friend Shiki Masaoka used to love this.

 

 

After Soseki started having this, he couldn’t live without it. His debut ” I Am A Cat” got published after the death of Shiki Masaoka, Habutaedango appered on the book. I am wondering if Soseki thought about Shiki while he was writing the book.

From “I Am A Cat”
———-

Let’s go. Shall we go Ueno?  Why don’t we go to Imosaka to have a dango? Have you had their dango before? You should try that. It’s soft and cheap.

———-

MISEYou should try the taste Soseki loved.

To be continued later.

 

 

 

Habutae
http://www.habutae.jp/[:]