[:ja]東京の東側にある清澄白河は不思議な街です。
清登という町名はあれど、白河は無い。
さてその由来は!?

清澄は、沼地だった土地を江戸時代1630年頃に開拓した場所。
開拓者に清住弥兵衛P130106という人がいて、しばらくは弥兵衛町と。
元禄8年の検地の際に清住町となり現在に至るとのこと。

そして白河とは、寛政の改革を行った白河藩主松平定信の墓がここ霊巌寺にあったことに由来。

新駅の開業のタイミングで、この二人の名前を合わせて清澄白河としたそうです。

そう聞くとこの町のランドマーク「清澄庭園」も二人の人物が関わっています。
そもそもは、江戸時代の豪商としいて名高い紀伊国屋文左衛門の屋敷があった場所。
後に、三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎が買い取り社員の慰安のために庭園として整備したというヒストリーがあります。

さて清澄庭園は一年中いつ行っても楽しいですし、見どころはWebサイトに載っていますので内緒の情報を一つ。

100年の歴史を持つ女子学園にある空中図書館 「コリドール」。こちらは地域との繋がりを大切にして開放をする時が年に二回あります。
このタイミングを狙って行けば日常とは違う清澄庭園を楽しめますよ。

outline03301-thumb-580xauto-5881

公園に行こう
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index033.html[:en]Kiyosumishirakawa, in the east side of Tokyo is a strange town. There is Kiyosumi but no Shirakawa. Why is it so?

Kiyosumi was a boggy area but developed in 1630. One of the pioneers is Yahei Kiyosumi and the area was called Yaheimachi. In 1695, the name had been changed to Kiyosumi machi.

P130106

And Shirakawa is from the name of that who lead to an innovation. His semeraty was there inside of Reigonji.(temple)

Because of opening a new station, the name of combination Kiyosumishirakawa was born.

Kiyosumi teien (garden) is involved with those 2 people. Originally it was a house of Bunzaemon Kinokuniya. Later on the founder of Mitsubishi zaibatsu took over and build a garden for employees for relaxing.

You can enjoy and have fun at Kiyosumi Garden anytime for a year and check the website for good spots. Here is a secret information. Quoridor is an air library at Jyoshi gakuen. It opens twice a year. You can see difference between normal days.

 

outline03301-thumb-580xauto-5881

Let’s go to park
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index033.html
http://teien.tokyo-park.or.jp/contents/index033.html

[:]