[:en]This promotional movie is about a story of a monkey travels around Oita Prefecture. The movie shows us a story about the monkey met and felt in love with a female monkey named “Charlotte” who lives in Takasakiyama Zoo in the middle of the journey.

 

 

The movie also introduces Oita’s beautiful scenery, great food and experience with the local people in Oita Prefecture with the quiet music.

Access to Oita City

Arriving by airplane:

Approximately 1h 30 mins from Haneda to Oita Airport. About an hour bus ride from Oita Airport to Oita Station.

Arriving by train:

Approximately 4hrs 45 mins from Tokyo to Kokura Station by bullet train. About 1h 30 mins from Kokura Station to Oita Station by JR Kagoshima Main Line.

Oita City with the full of nature and historical places

The most popular sightseeing spot in Oita City is Takasakiyama Zoo. There are many wild monkeys live at Mt. Takasakiyama where is said the biggest home of Japanese macaque. There also Charlotte, the female monkey mentioned earlier, lives in the zoo!

Many historical places and remains in Oita City

Kamezuka Mound

Funai Castle is the symbol of Oita City and is beautifully lit up in the evening. There is a statue of Sourin Otomo who is known as “Christian Daimyo (feudal lords)”. Also a statue of St. Francisco Xavier who is as popular as Sourin Otomo’s. There are not only modern historical places but also ancient historical places such as Kamezuka Mound, Takio Kyakketsu (rock cut tombs), Tsukiyama Mound and more.

Art works by Oita related artists can be seen at Oita Prefectural Museum as known as OPAM. OPAM’s building is also famous as modern architecture.

Tanoura Beach

In summertime, Tanoura Beach is the most popular place to visit. It has beautiful beach where makes you feel like you are at somewhere like an island.

Oita City is rich in delicious food

“Houchou”

Oita Prefecture has so many tasty food and dishes like fresh seafood. A traditional local food of Hetsugi District, Oita City called “Houchou” looks Udon noodles and there are not many people make them and is not eaten often. “Houchou” means abalone intestine. It was named because when followers couldn’t get Daimyo Sourin Otomo’s favorite abalone, they made Houchou with flour to tried to look like intestine of abalone.

 

You can cure yourself in the spring bath after the tour of must-see places!

 

Oita prefecture Sightseeing information
http://www.visit-oita.jp/[:ja]一匹のサルが、大分を旅する様子を描いたPRムービーです。大分の人々と触れ合い、様々な体験をする中で、高崎山動物園に住むシャーロットに恋をする様子がほほえましい映像です。

 

 

大分の美しい風景やグルメ、地元の人々と一緒に過ごす時間などを静かな音楽とともに紹介しています。

 

大分市までのアクセス

飛行機の場合:

羽田空港から大分空港まで約1時間30分。大分空港から大分駅前までバスで約1時間。

鉄道の場合:

新幹線で東京駅から小倉駅まで約4時間45分。JR鹿児島本線で小倉駅から大分駅まで約1時間30分。

 

自然と史跡がいっぱいの大分市

大分市きっての人気観光スポットと言えば、高崎山自然動物園。国内最大のニホンザルの生息地とも言われる高崎山には野生のサルもたくさん住んでいます。園内には、PRムービーにも登場したシャーロットもいますよ!

 

大分市には、歴史を感じられる史跡や遺跡もたくさん

府内城(ふないじょう)跡は大分市の象徴的存在。夜にはライトアップされ、美しいお城を見ることができます。大分駅前には、大分市ゆかりの大友宗麟(おおともそうりん)像があります。キリシタン大名としても有名な大友宗麟とともに、交流があったフランシスコザビエル像も町の人気スポットです。近代の史跡だけではなく、亀塚(かめづか)古墳公園や、滝尾百穴(たきおひゃっけつ)、築山(つきやま)古墳では、古代の様子を垣間見ることができます。

また、大分県立美術館OPAMでは、大分ゆかりの作家のアートを楽しむことができます。モダンな建物で、建築物としても有名です。

夏に人気なのが、田ノ浦ビーチで、リゾート気分を味わえるきれいな海水浴場です。

 

グルメの宝庫大分市

 

鮑腸(ほうちょう)

大分県には新鮮な魚介類を始めとした、さまざまなおいしいグルメがたくさんあります。大分市には、鮑腸(ほうちょう)と呼ばれる郷土料理は、戸次(へつぎ)地区に伝わる伝統的なレシピで、うどんに似たメニューで今ではあまり食べることができないと言われています。由来は、戦国時代、大名であった大友宗麟が好んだアワビを入手できなかった時に、家来が工夫して小麦粉でアワビの腸に見立てて作ったと言われています。

 

大分市で、様々な史跡や観光スポットを巡った後は、温泉でひと休みして疲れを癒しましょう。

 

大分県観光情報公式サイト『日本一のおんせん県おおいた』

http://www.visit-oita.jp/

 [:]