[:en]Shiroshita Karei is marbled flounders which grow in freshwater in the sea of Beppu Bay under the Hiji Castle Ruins. In the Edo Period, Shiroshita Karei was highly-prized as a gift to Shogun Family and has attracted so many people since then.

 

 

The best season of Shiroshita Karei is from April to September, especially during May to July is the most delicious season. Why don’t you taste the luxury Shiroshita Karei?

Access to Hiji-machi town

Arriving by airplane:
Approximately 1h 30 mins from Haneda airport to Oita airport. About a 30 min bus ride from Oita airport to Hiji bus stop. 10 min bus ride from Hiji bus stop to Hiji Station.

Arriving by train:
Approximately 4hrs 45mins from Tokyo station to Kokura station by JR Tokaido bullet train. About 1hour from Kokura station to Kitsuki Station by JR Kagoshima Main Line. 15 mins from Kitsuki Station to Hiji Station by JR Nippo Main Line.

Hiji-machi, the town of history

Hiji Castle Ruins

Hiji-machi town was flourished as a castle town of Hiji Castle in the Edo Period. Hiji Castle Ruins is currently a must-see spot in the town. The ruins of the castle still have a castle tower, walls and a moat and there is an elementary school inside the site. A walking course along the moat is a popular strolling course.

“Way of Xavier”

Kanagoe Mountain Range which is located in the north of the town is highly recommended. There is a road called “Way of Xavier” where Francisco Xavier walked to meet Sorin Otomo long time ago. It is currently a popular scenic place for visitors.

“nKaite Jinja Shrine”

We can see a part of the modern history in Hiji-machi town as well. The Imperial Navy invented a human torpedo called “Kaiten” at the end of the Pacific War and there used to be a training base of the Kaiten in the town. Nowadays, a full-scale model of the torpedo is displayed in the base remain and there is a shrine called “nKaite Jinja Shrine” enshrining the related people and the victims.

Fresh seafood from Beppu Bay

Hiji-machi town is known as a place where fresh seafood can be eaten. Tourists can observe the spectacular fish auction at morning market of Fukae.

Shiroshita Karei

Other than Shiroshita Karei, there are so man y kinds of great seafood such as Hamo(Pike conger) in Hiji-machi town. Of course Shiroshita Karei is the must-eat, which has delicate taste and texture because of the fresh water in the sea. There are many restaurants where offers a lot of different Karei dishes such as sashimi, deep fried, soy sauce flavored boiled and more.

 

Why don’t you feel the history of Japan in Hiji-machi town?

 

Oita Prefecture official tourism information site
http://en.visit-oita.jp/

 [:ja]日出城址の下に広がる別府湾の海中に湧き出た淡水で育つマコガレイのことを城下カレイと呼びます。江戸時代に将軍家への献上品として珍重されており、江戸時代から現代に至るまで、多くの人々を魅了してきました。

 

 

4月から9月くらいにかけて旬を迎え、5~7月頃が最も美味しい時期といわれます。贅沢すぎるおもてなしの一品、城下かれいを召し上がってみてはいかがでしょうか。

 

日出町までのアクセス

 

飛行機の場合:

羽田空港から大分空港まで約1時間30分。大分空港から日出までバスで約30分。日出から日出駅前までバスで約10分。

鉄道の場合:

東京駅からJR東海道新幹線で小倉駅まで約4時間45分。小倉駅からJR鹿児島本線で杵築駅まで約1時間。杵築駅から日出駅までJR日豊本線で約15分。

 

歴史の町、日出町

日出城址

江戸時代には日出城があり、かつては城下町として栄えていました。今でも日出城址は町の観光名所です。現在は、天守閣、城壁、堀は残っていますが、城内には小学校がある珍しい城跡。お堀に沿って歩くウォーキングコースは人気の散策ルートです。

ザビエルの道

町の北側にそびえる鹿鳴越連山(かなごえれんざん)がおすすめ。中でも、「ザビエルの道」とは、かつてフランシスコ・ザビエルが府内の大友宗麟(おおともそうりん)と会見する途上に歩いた道と言われ、現在では観光客に人気の絶景スポットです。

回天神社

近代歴史の一部を見ることもできます。太平洋戦争末期、海軍が考え出した人間魚雷「回天」の訓練基地がありました。基地跡には回天の実物大模型が置かれており、当時の犠牲者や関係者を祀った回天神社もあります。

 

別府湾で獲れる新鮮な魚介類

 

おいしい魚介類が食べられる場所としても人気の観光地です。深江の朝市では、水揚げされたばかりの新鮮な魚介類の競りが行われています。観光客が競りに参加することはできませんが、目の前で見るだけでもその迫力と活気を感じることができます。

城下かれい

城下かれい以外にも、鱧(はも)などのおいしい魚介類がたくさんあります。朝市で新鮮な魚介類を味わうのも楽しみの一つです。日出町に来たら、絶対に食べたい城下かれいは、海底に真水が湧いていることで、普通のかれいよりも身が締まってきめ細かく、クセがない上品な味わいが特徴です。町内には、お刺身はもちろん、から揚げや煮付けなど、さまざまな城下かれいのお料理を楽しめるお店が点在しています。

 

日出町で日本の歴史に触れてみてはいかがでしょう?

 

大分県観光情報公式サイト『日本一のおんせん県おおいた』

http://www.visit-oita.jp/

 

 [:]